スイス、第一外国語を英語にすることを拒否


twitterへRTする
@スイス情報.comをフォローするスイス情報.comをフォロー! 

スイス、第一外国語を 英語 にすることを拒否しましたね。


学校で教える外国語をどれにするかは、多々議論にあがっていますが、これも、4ヶ国語を公語とするスイスならではの話でしょうね。


まだドイツ語圏では、第一外国語として、フランス語を、
フランス語圏では、ドイツ語を教えるのが一般でしょうが、

ビジネス市の チューリヒ などでは、ドイツ語の次に、
小学校から 英語 を教えるようになったとかという話もありましたよね。



チューリヒを代表する政治家は、「社会でより広範囲で使える
英語を子供に教えるべきた」という発言もしているようですが、

多国語を誇るスイス国としては、「英語以前に公語を」が
モットーなようです。ひらめき


2007年06月27日

posted by 貴子 at 04:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・情報


スイスから生の情報をお届けしている、
無料メルマガ スイス発! なんでも情報通信

発行は不定期ですが、1週間から10日に一度のペースで
あなたの メール メールボックスにスイスの最新情報をお届けしますよ。

メルマガの解除も自由です。是非一度購読をお試しください!

無料メルマガ登録はこちらから かわいい
『スイス発! なんでも情報通信』

メルマガ関連サイト:
 スイスの旅行・生活・製品情報、なんでもゲット!