スイスへの自殺旅行規則が厳しく


twitterへRTする
@スイス情報.comをフォローするスイス情報.comをフォロー! 

スイスの昨年のドイツ語圏の流行語は、「死旅行」ふらふら

スイスでは、医師が実際に試行しなければ、他人の自殺行為を手伝うのは許されているとかで、外国からの「患者」が絶えないとか。


スイスでは、これからも自殺を手伝う行為を合法とするとしていますが、今後、外国から来る自殺希望者は、スイスのチューリヒに来たその日のうちに死ねないことになりました。バッド(下向き矢印)


最低でも3度医者と会い、自殺の意思が固いことを確かめることになるそうです。


それに伴い、スイスの滞在期間は1週間に延びるということで、「最後のスイス旅行は高額なものになりそうだ」ということです。


関連記事
2007年流行語大賞〜スイスのドイツ語圏

2008年03月18日

posted by 貴子 at 14:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自殺


スイスから生の情報をお届けしている、
無料メルマガ スイス発! なんでも情報通信

発行は不定期ですが、1週間から10日に一度のペースで
あなたの メール メールボックスにスイスの最新情報をお届けしますよ。

メルマガの解除も自由です。是非一度購読をお試しください!

無料メルマガ登録はこちらから かわいい
『スイス発! なんでも情報通信』

メルマガ関連サイト:
 スイスの旅行・生活・製品情報、なんでもゲット!