スイス・チューリヒの絵画盗難事件の展開


スイスチューリヒヨーロッパ史上最大額の絵画盗難事件、新たな展開となりました。


盗まれた4点の絵画のうち、2点が発見されたのです exclamation×2


戻ってきたのは、フィンセント・ファン・ゴッホクロード・モネの作品です。







盗難事件の10日でしたが、月曜日の18日に、駐車場にあった車から回収されました。


車は、

      オペル(実物は白のOmega 2.5 V6)


だったということで、この車も一躍有名となりました。わーい(嬉しい顔)


関連記事
スイスの絵画盗難事件
スイスのチューリヒで美術品また盗難

@スイス情報.comをフォローするスイス情報.comをフォロー!  twitterへRTする  





2008年02月19日

posted by 貴子 at 22:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画・芸術作品


スイスから生の情報をお届けしている、
無料メルマガ スイス発! なんでも情報通信

発行は不定期ですが、1週間から10日に一度のペースで
あなたの メール メールボックスにスイスの最新情報をお届けしますよ。

メルマガの解除も自由です。是非一度購読をお試しください!

無料メルマガ登録はこちらから かわいい
『スイス発! なんでも情報通信』

メルマガ関連サイト:
 スイスの旅行・生活・製品情報、なんでもゲット!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック