スイスの絵画盗難事件


スイスの2つの美術館で有名な絵画が盗難されました。


1つ目はジュネーブで、パブロ・ピカソの絵画が盗まれ、
4日後に、チューリヒの美術館からフィンセント・ファン・ゴッホなどの作品が盗難されました。





4日のうちに、高価な絵画を盗んでいるため何らかの組織の仕業だとも思われています。

有名作品なだけに、正当な方法では売却できません。
ブラックマーケットでの売買や、ギャングの報酬などの代替として使用されるであろうということです。


チューリヒ市警察は、絵画盗難事件の解決に導く情報の提供者に、



     100,000フラン(1千万円)exclamation×2



の報酬を支払う発表しています。


情報提供の電話番号は、+41 4 117 117 ということです。


関連情報
スイスの旅行・生活・製品情報、なんでもゲット!

@スイス情報.comをフォローするスイス情報.comをフォロー!  twitterへRTする  





2008年02月11日

posted by 貴子 at 13:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画・芸術作品


スイスから生の情報をお届けしている、
無料メルマガ スイス発! なんでも情報通信

発行は不定期ですが、1週間から10日に一度のペースで
あなたの メール メールボックスにスイスの最新情報をお届けしますよ。

メルマガの解除も自由です。是非一度購読をお試しください!

無料メルマガ登録はこちらから かわいい
『スイス発! なんでも情報通信』

メルマガ関連サイト:
 スイスの旅行・生活・製品情報、なんでもゲット!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック