スイスの公文が全て英語でも?


スイスの公語は、ドイツ語フランス語イタリア語、そして古典的なロマンシュ語で、スイス政府のホームページなどは全てドイツ語フランス語イタリア語で記述されています。

スイスの公式文書を英語でも公表しようという動きが始まりました。

スイスを海外からもっと知ってもらうことで、
スイスへの投資や観光をもっと盛んにしたいのが狙いだそうです。るんるん


スイスにいて現地語を学ばない怠慢な外国人(私!)へのサービスではないようですね。あせあせ(飛び散る汗)


英語が認められるかどうかは、最終的に国民投票で決まります。
スイス人、英語を受け入れてくれるでしょうか?

@スイス情報.comをフォローするスイス情報.comをフォロー!  twitterへRTする  





2007年10月10日


タグ:スイス
posted by 貴子 at 12:27 | Comment(3) | TrackBack(1) | ニュース・情報


スイスから生の情報をお届けしている、
無料メルマガ スイス発! なんでも情報通信

発行は不定期ですが、1週間から10日に一度のペースで
あなたの メール メールボックスにスイスの最新情報をお届けしますよ。

メルマガの解除も自由です。是非一度購読をお試しください!

無料メルマガ登録はこちらから かわいい
『スイス発! なんでも情報通信』

メルマガ関連サイト:
 スイスの旅行・生活・製品情報、なんでもゲット!

この記事へのコメント
よしです。トラックばっく有難うございました。スイスについての詳細な情報を有難うございました。活用させていただきます。
Posted by よし at 2007年10月14日 11:01
よしさん、こんにちは。コメントありがとうございます!
スイス航空での旅、楽しまれたことでしょう。また寄ってくださいね!
Posted by 貴子 at 2007年10月14日 19:37
TBありがとうございます!
大変遅くなり失礼いたしました。
スイスの詳しい情報など興味深く拝見させていただきました。またお邪魔します!
Posted by ドレミん at 2007年11月12日 18:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/59966819
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

サイバー指導
Excerpt: 私が指導した本学の男子学生から先ほど、Q大大学院修士課程の入学(入院?w)試験
Weblog: もちもちはまがっこう
Tracked: 2007-10-23 13:27