スイスのミリタリーサービス(兵役)


スイス人男性にはミリタリーサービス(兵役)の義務があります。


スイスは武力によって永世中立国を維持してきた国で、重武装の国家として知られています。

スイスで電車に乗ると軍の制服を着た男性が、なにげなくライフルどんっ(衝撃)を持っています。弾は入っていませんが、初めて見た日本人は驚くのではないでしょうか?

何気なく、学生が兵役のライフルを大学に持ってきたりもします。ちなみに、どんな訓練してるの?と聞いたら秘密とのことです。山の奥深くで行われているそうですが...。

「明日からミリタリーサービスなんだよ。大変だよー。もうやだ〜(悲しい顔)」とため息をつき、思い切りブルーにはいってる男性スイス人と話をした後、スイス人女性からは、「そんなこと無いって、グリーンホリデー(制服がグリーンだから?)って言われてるぐらいよ。わーい(嬉しい顔)」との話をお聞きしました。

ちなみにとある男性スイス人に、「女性には兵役の義務はないけど、そこのところはどう思いますか?」と聞いたところ、「女性には出産、子育てというもっと大変な仕事があるから。」との返答が戻ってきました。


昨年、チューリッヒで兵役帰りの男性がバス停にいた若い女性を射殺するという痛ましい事件が起こりました。しかし、このように銃が犯罪に用いられることは稀だそうです。


さて、6月末、大阪で「スイスへようこそ」というサロンが開かれ参加してきました。そのサロンのスイスの講演者の方が兵役について以下のようなことを述べてらっしゃいました。

スイス男性の大多数は呼び軍人であるため各過程に自動小銃と弾丸が支給され、各自で保管されているそうです。ただし、理由もないのに弾をあけると、その時点で処罰されるそうです。

ちなみに、兵役に行く日を忘れていたりすると軍の担当の人が家にやってきます。忘れてた罰のために軍の反省室雨で数日暮らすことになるそうです。(スイス人の一人は、反省室はそんなに厳しい牢屋みたいなところじゃない、と言っていましたが。)

徴兵制を廃止する法案が3回国民投票にかけられたそうですが、否決されているそうです。





@スイス情報.comをフォローするスイス情報.comをフォロー!  twitterへRTする  





2008年07月01日

posted by Igel at 14:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | スイス情報サイト集


スイスから生の情報をお届けしている、
無料メルマガ スイス発! なんでも情報通信

発行は不定期ですが、1週間から10日に一度のペースで
あなたの メール メールボックスにスイスの最新情報をお届けしますよ。

メルマガの解除も自由です。是非一度購読をお試しください!

無料メルマガ登録はこちらから かわいい
『スイス発! なんでも情報通信』

メルマガ関連サイト:
 スイスの旅行・生活・製品情報、なんでもゲット!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック