スイスで早産増加〜高齢出産・多胎児が原因


twitterへRTする
@スイス情報.comをフォローするスイス情報.comをフォロー! 

スイスの病院で早産が増加し、病院で早産の赤ちゃんの施設が足りなくなっているということです。


チューリヒのある病院では、週に早産の赤ちゃん3人を別の病院施設に移送しなければならないそうです。


今後、早産数が増えれば、出産後、赤ちゃんをヘリコプターで別のカントン(州)に運び、親は後ほど赤ちゃんと合流するというパターンも出てくるのではないかと懸念されています。



早産の定義は、妊娠37週間前に生まれる赤ちゃんだそうで、スイスでは、9%の出産が早産だそうです。


スイスの早産の率は、ヨーロッパでも高く、オーストリアの10.2%に次ぐ高率です。


早産の原因としては、母親の高齢化が進み、高齢出産による早産のケースと、人工授精による双子、三つ子など多胎児のケースが増えているからだとされています。


  
        [PR] 出産祝いプレゼント案




2008年05月31日

posted by 貴子 at 14:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠・出産


スイスから生の情報をお届けしている、
無料メルマガ スイス発! なんでも情報通信

発行は不定期ですが、1週間から10日に一度のペースで
あなたの メール メールボックスにスイスの最新情報をお届けしますよ。

メルマガの解除も自由です。是非一度購読をお試しください!

無料メルマガ登録はこちらから かわいい
『スイス発! なんでも情報通信』

メルマガ関連サイト:
 スイスの旅行・生活・製品情報、なんでもゲット!